Welcome to Kanagawa high school athletic federation

神奈川県高等学校体育連盟

令和3年度第59回神奈川県高等学校総合体育大会総合開会式

大会会長あいさつ

神奈川県高等学校体育連盟会長 塩浦 健吾

みなさんこんにちは。神奈川県高等学校体育連盟会長の塩浦健吾です。
令和3年度第59回神奈川県高等学校総合体育大会総合開会式は、WEBでの開催となりました。昨年1月から続く、新型コロナウイルス感染症の影響は、我々の社会生活に大きな変化をもたらしました。昨年4月の緊急事態宣言により、県高等学校総合体育大会は中止となり、夏の北関東総体2020も残念ながら中止となってしまいました。皆さんが日々努力し、多くのエネルギーを注いできた部活動の成果を試す機会が失われたことで、多くの方々が失望と喪失感を覚えたものと思います。しかし、我々は、そんな厳しい状況のもとでも、現実を見据え、今できることに精一杯取り組んでいかなければなりません。今回の開会式も、感染拡大防止の観点からこのような形での開催となりました。本来であれば、この開会式は、本連盟加盟の、20万人を超える高校生一人ひとりが、夢と希望を胸に高校生活を送る中、本県高等学校スポーツの一大祭典として、加盟校代表の皆さんが一堂に会し、一体感、連帯感を確認し、お互いにそれぞれの健闘を、誓いあう場となるはずでした。

神奈川県高体連は、高校生の健全育成を目的に、生徒の自主的・自発的な運動部活動を推進し、そうした皆さんの活動をしっかりと支援するなど、様々な事業を通じて、心も体も、健康で元気な人づくりをめざし、ひいては豊かで明るい高校づくりに貢献して参りたいと考えております。高校生の皆さん、高校生活は、わずかな期間ですが、皆さんの人生にとっては、かけがえのないとても意味のある青春時代です。勉強はもとより、部活動や生徒会活動などを通じて、すべての高校生が充実した日々をすごして、光かがやけることを願っています。特に、大会に選手として参加される皆さんには、日頃皆さんを支えてくださっている、指導者をはじめ、保護者や地域の方々など、多くの方への感謝の気持ちを忘れず、これまで共に頑張ってきた仲間を信じ、ベストを尽くして、最後まであきらめずに、頂点を目指して、戦い抜いていただきたいと思います。

今年の全国総合体育大会は、福井県を中心とした他5県により「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」として開催予定となっています。地元の多くの高校生や関係者の方々が、入念な準備を進め、皆さんの活躍を心待ちにしていることと思います。大会を通じて、皆さんが人間的な成長を遂げることを期待しています。

結びに、日頃から、高校生の体育・スポーツの振興にご尽力をいただいております、県議会、県教育委員会をはじめ、加盟校の校長先生、顧問の先生、地区高体連、各専門部関係者の皆様に、厚くお礼を申し上げ、開会の挨拶といたします。高校生の皆さん、高体連を代表し、心からのエールを送ります。是非、悔いのない戦いをしてください。本日は誠にありがとうございました。

教育長あいさつ

神奈川県教育委員会教育長 桐谷 次郎

神奈川県教育委員会教育長の桐谷でございます。
第59回/神奈川県高等学校/総合体育大会/総合開会式の開催にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。

昨年の1月からの、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、昨年3月から3ヶ月にわたる臨時休業、そして教育活動再開後の分散登校、時差通学、短縮授業などを余儀なくされ、現在に至っています。この間、部活動も中止や制限された活動となり、部活動を学校生活の目標の一つとしてきた皆さんにとって、かけがえのない時間が失われてしまいました。私としては、大変、申し訳ない気持ちです。

昨年度の夏の全国高等学校総合体育大会においても、「夢を追う 熱き思い 今虹となれ」をスローガンに、「魅せろ躍動 北関東総体2020(ニーゼロニーゼロ)」として、群馬県をはじめとする、北関東地方など21府県を舞台に、地元の高校生、大会役員及び多くの関係者の皆様の多大なる御尽力のもとに開催される予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、春に開催予定であった全国選抜大会や関東大会、そして夏の全国高校総体や、それに伴う県予選会までもが中止となり、特に昨年度の高校3年生においては、3年間の部活動の目標や成果の発表の場がなくなってしまったことを思うと、その心情を察するに余りあります。

そのような中、皆さんの部活動にかける思いに鑑み、成果発表の場を作るべく、多くの先生方の御尽力と、保護者の皆様の御理解により様々な種目で、代替大会等が開催されました。それらの大会をはじめ、地域での交流戦、校内での紅白戦など、規模や、開催方法等に違いはありますが、「高校生の皆さんのために」という気持ちは、関係者の共通した思いであり、大会等で躍動する皆さんの姿は、多くの人々に感動と、勇気を与えてくれました。そして、皆さんを取り巻く、運動部活動に関わる多くの方々が、困難な状況から、次の一歩を踏み出すことの大切さを教えてくれました。今年度の県高校総体では、これまでの厳しい環境の中、あきらめずに努力し、培った力を、思う存分発揮して、最高の瞬間を味わっていただきたいと思います。すでに一部の競技は始まっておりますが、この総合開会式を皮切りに、県内の高校生アスリートが熱戦を繰り広げ、この激戦を勝ち抜いた選手の皆さんが、高校生のスポーツ最大の祭典である、全国高校総体に出場することとなります。これからも、皆さん一人ひとりが感染症対策に努めていただくとともに、健康やけがに留意し、好きなスポーツに取り組み、高校生活を充実したものにしてください。そして、見事に勝ち抜いて代表となった皆さんは、全国高校総体での活躍を、大いに期待しています。

これまで皆さんを支えてきてくれた保護者の方や、支援してくれた顧問の先生、指導者の方への感謝を忘れず、また、苦楽を共にしてきた仲間を信じ、全力で試合に臨んでください。県教育委員会としても、部活動が将来にわたり、本県の高校生にとって、学校生活の大切な思い出となる活動になるよう、また、本県の高校生スポーツが一層発展するよう、今後も支援してまいります。最後になりますが、本大会を開催するにあたり、ご尽力いただいた県高等学校体育連盟の皆様方に厚くお礼を申し上げ挨拶といたします。皆さん、頑張ってください。

選手宣誓

県立相模原弥栄高等学校 佐藤 成志・永松 陽

開会式の歴史

神奈川県高等学校総合体育大会総合開会式は昭和38年に県営藤沢陸上競技場にて第1回が開催されました。以来、毎年4月に県立体育センター(現 県立スポーツセンター)や横浜市三ツ沢公園にて本県高等学校スポーツの一大祭典として、加盟校生徒会代表、各部の選手代表が一堂に会し、一体感や連帯感を確認し合うとともに選手の士気をより一層高めることを目的に開催しています。

全国高等学校総合体育大会について

令和3年度(2021年度)全国高等学校総合体育大会 競技会場・競技日程

PDFで見る・ダウンロードする

高体連の歌と高体連マーク

競技は力であり、進歩は技の錬磨にまつ、競技者はこれをつつむに明朗な精神をもってせねばならない。高体連マークを構成している三つのKは紅色によって浮き出され若人の情熱を示すドイツ語の頭文字をとったものである。

KRAFT 力
KUNST 技
KLARHEIT 明朗な精神

各種目の開催日と会場

神奈川県高等学校総合体育大会は、高等学校(中等教育学校後期課程を含む)教育の一環として広くスポーツ実践機会を与え、技術の向上と気力の充実を図り心身共に健全な生徒を育成するとともに、生徒相互の親睦を図るために開催するもので、第59回大会は、次の要項により実施します。

主催
神奈川県高等学校体育連盟 神奈川県教育委員会
主管
神奈川県高等学校体育連盟各競技専門部
後援(予定)
(公財)神奈川県スポーツ協会 神奈川新聞社 NHK横浜放送局 テレビ神奈川
期日
令和3年4月17日(土)~令和4年1月7日(金)
県内各高校他公共施設
参加資格
本連盟加盟校生徒・特例校生徒
参加制限は各競技の実施要項による
競技種目
陸上競技他37種目
種目申込
各競技一覧申込で受け付ける
表彰
各競技別に表彰を行う
3位までを原則とし、種目によっては8位までとする
総合開会式
令和3年4月17日(土)公開
会場
Webでの開会式(本連盟ホームページ上)
大会本部
神奈川県高等学校体育連盟
〒221-0855
横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1 県立スポーツ会館内